アフィリエイト広告の種類は3種類!それぞれについて詳しく解説!

アフィリエイト広告の種類について、詳しくはなしていきます。

どんな広告があるのかを理解すれば、あなたのブログにあった収益化の方法も決めやすくなりますよね。

ねぇ、ぶのきつね。
アフィリエイトで稼ぎたいんだけど、どんな種類があるの?

アフィリエイト広告の種類は次の3種類だよ。
・インプレッション型広告
・クリック報酬型広告
・成果報酬型広告
ひとつずつ説明するね。

インプレッション報酬型広告

インプレション報酬型広告は、表示された回数で報酬が発生する広告のことです。

表示されただけで報酬がもらえるなんて、メチャクチャ稼げそう!

そう思うよね。
でも、世の中そんなに甘くないんだよ。

広告が表示された回数に応じて報酬がもらえるインプレッション型広告。
すごく稼げそうな気がしますが…。

ぶっちゃけPV(ページビュー)が少ないと全然稼げません。

というのもインプレッション報酬型広告は、PRM(インプレッション収益)で報酬を計算します。

PRMとは1,000回表示されたときの見積もり収益額のこと。
仮に10,000回表示されたときの見積もり収益額が50円の場合、PRMは5円(50÷10,000*1,000)です。

報酬発生までのハードルが低い分、単価が安いのがインプレッション報酬型広告の特徴です。

インプレッション型広告は稼ぎづらい

広告が表示されるだけで報酬が発生するインプレッション型広告。
とても手軽な広告ですが、正直稼ぐのは難しい。

というのもインプレッション型広告には稼ぎづらい理由が2つあるのです。

  • 単価が安い
  • 膨大なPVが必要

まず、インプレッション報酬型広告はとにかく単価が安い。

1,000回表示されたとして5円程度しか稼げないのが現実。
10,000回表示されても50円です。

その上10,000PV以上のブログに育てるのは、思っている以上に時間がかかります。

苦労してブログを育てた結果、稼げる金額が50円では割に合いませんよね。

報酬発生までのハードルが低い分稼ぎにくい。
矛盾しているようですがこれが現実。

広告自体にも人気がなくて、扱っているASPを探すほうが大変です。

なので、ブログで本気で稼ぎたい人にはお勧めしません。

クリック報酬型広告

クリック報酬型広告は、広告がクリックされると報酬が発生するタイプの広告です。

広告がクリックされるだけで報酬がもらえるなんて、稼げそうな広告だね!

そうだね。
手軽に広告が設置できて、そこそこ稼げるのが特徴かな。

クリック報酬型広告もインプレッション報酬型広告と同じで、PVが少ないと全然稼げません!

理由は簡単で、ブログを読んでくれる人がいなければ、クリックしてくれる人もいないからです。

ただインプレッション報酬型広告よりは稼ぐことができます。

というのもクリック報酬型広告の代表である「Googleアドセンス」は、ブログの訪問者に合った広告を、自動で表示してくれるからです。

クリック報酬型広告はPVがあれば稼げる

クリック報酬型広告はPVがあればそれなりに稼げます。
少なくともインプレッション報酬型広告よりは稼げるでしょう。

クリック報酬型広告収入の目安
  • 1,000PV:300円~500円程度
  • 10,000PV:3,000円~5,000円程度
  • 10万PV:30,000円~50,000円程度

上記が目安になる収入です。
インプレッション報酬型広告が10,000PVで50円だったことを考えれば、はるかに稼ぎやすいことがわかりますよね。

参考までに私が運営しているブログは月2万PVで、クリック報酬型広告の収入が2万円あります。

ブログのジャンルによっては、目安よりもはるかに多く稼ぐこともできる、ということです。

クリック報酬型広告の代表はGoogle AdSense

クリック報酬型広告の代表ともいえるのが「Google AdSense」です。

Google AdSense(グーグルアドセンス)は、その名の通り検索エンジン最大手のGoogleが運営している広告。

利用するにはGoogleの審査に受かる必要があります。

特徴は、広告主が出稿した広告を、Googleが最適だと判断したブログやホームページに自動配信すること。

逆に考えると、ブログやホームページに適した広告が自動表示される、ということです。

つまり、クリックされやすい広告が表示されるので、かなり稼ぎやすいわけです。

Google AdSenseの審査を通過するには

Google AdSenseの審査はこちらから受けることができます。

>>>Google AdSense

ちなみに審査を通過するには、それなりの内容の記事が10本程度必要。
また、プライバシーポリシーやお問い合わせページも必須です。

参考「AdSenseヘルプ 必須コンテンツ

ついでに言うと、無料ブログでは審査に申し込みできません。
アドセンスのポリシーを順守している必要もあります。

参考「AdSense プログラムポリシー

こういわれると難しそうですが、ユーザーの役に立つ記事を書いていれば、問題なく通過できるはずです。

成果報酬型広告

最後が成果報酬型広告です。
成果報酬型広告は、広告をクリックしたユーザーが一定の条件を満たすと報酬が発生するタイプの広告です。

一定の条件?
なんだか難しそう…。

一定の条件はね。
・商品の購入
・サービスへの申し込み
・書類請求
・アプリのダウンロード
などだよ。

なんでそんなに種類があるの?

種類が多いのは、広告によって成果の発生地点が違うからだよ。

成果報酬型広告は、広告によって「成果」として認められる地点が違います。

例えばスマホゲームアプリの広告なら、アプリのダウンロードで「成果発生」とする広告もあれば、アプリの起動で「成果発生」とする広告もある、というわけです。

この成果発生地点は広告主次第なので、実際に広告を確認してもらうしかありません。

さて、成果報酬型広告を扱うには、ASP(アプリケーション サービス プロバイダー)と呼ばれるサービスを利用します。

あるいは、あなたが紹介したい商品を取り扱っている企業と、直接契約をして広告を貼る方法もあります。
が、この方法は難易度が高いので、ASPを経由して広告を扱う人がほとんどです。

つまりASPは、広告主とアフィリエイターやブロガーを仲介している、というわけです。

成果報酬型広告はPVに関係なく稼げる

やっぱり成果報酬型広告って難しそうだね。

聞きなれない言葉が多いから難しく感じるかも。
でもね。
成果報酬型広告はメチャクチャ稼げるんだよ!

成果補修型広告は稼げます。
しかもクリック報酬型広告やインプレッション報酬型広告と違い、PVが少なくてもそれなりの金額を稼ぐことができます。

ただし、稼ぐためには検索キーワードの知識が必須。
ほかにも「WEBライティング」や「セールスライティング」の知識が必要です。

若干難易度は高いのですが、一度コツをつかめば右肩上がりで稼ぎを増やすことができるのも魅力。

ブログで稼ごうと思うのなら、チャレンジするべき広告です。

ちなみに、売れるキーワードで上位をとれば、1記事で20万円とか50万円とか稼ぐこともできますよ。

最低限抑えるべきASP

ASPは無数にありますが、最初は1社だけ登録すれば十分です。
もしこの1社に広告がなければ、その時初めてほかのASPを検討してください。

さて、登録するべきASPは「A8.net」です。

>>>A8.net

A8.netの特徴は、ブログがなくても登録できること。
しかも取り扱い広告数が業界最多。

つまり、初心者に最適のASPです。

最初はA8.netに登録しておけば十分用が足ります。
どうしても必要な広告がない時だけ、ほかのASPを検討してください。

そのほかのASP

では、そのほかのASPを紹介します。

アプリに強いASP

クローズドASPは基本的に、ASPから誘われないと登録できません。
その代わり(?)と言いますか、クローズドASPにはほかで取り扱っていない高単価な案件が多数あります。

あと、個人的な見解ですが、ASPは運営するブログにあった会社を数社選ぶべきです。
というのも私は紹介したASPほぼすべて登録していますが、実際に使っているのは2,3社だから。

ASPの中には、成果の出ないメディアに紹介する広告を、制限するところもあります。
一定期間ログインしないと登録を取り消されることもあるわけです。

なので適当に登録しまくるよりも、ある程度絞り込んで登録したほうがお互いのため。
ブログに張れる広告の数は限られていますから、片っ端から登録するのはやめましょう。

ちなみに初心者へのおすすめはつぎの5つ。

アプリを扱うならとりあえず「smart-C」に登録すれば十分。
ブログが育ってくれば、自然とクローズドASPからお誘いが来ます。

Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトは、Amazonや楽天で販売している商品のアフィリエイトができるので必須。

A8.netは誰でも登録できるのと、案件の多さで登録は必須。
あとアクセストレードは、私がメインで使っているのでお勧めしています。

参考にしてくださいね。

まとめ

今回はアフィリエイト広告について話をしました。

アフィリエイト広告の種類は次の3種類。

  • インプレッション報酬型広告
  • クリック報酬型広告
  • 成果報酬型広告

稼ぎやすさは「インプレッション型>クリック型>成果報酬型」
稼げる金額は「インプレッション型<クリック型<成果報酬型」です。

ブログの目指す形によって、扱う広告の種類を考えてみてください。

ということで今回は以上です。

タイトルとURLをコピーしました