ブログの『読者目線で書く』はとことん気遣うこと

ねぇ、ぶのきつね。
記事を書くときによく聞く
読者目線やユーザー目線。
あれって何なの?

あれは、
記事を読む人の目線で
記事を書きましょう
ってことだよ

まったくわかりません。

ブログ記事を書くときに、

  • ユーザー目線で書こう
  • 読者の役に立つ内容を書こう
  • 読者目線が大切!

って、よく言われますよね。

実際私も言っていますし、すごく大切なことなのは間違いありません。

ですが、「読者目線で記事を書く」と言われても、抽象的過ぎてわかりにくい。

ということで、ブログでよく言われる「読者目線」について書いていきます。

ポイントは3つ。

  • どうあがいても読者にはなれない
  • 記事は個人的見解の塊
  • ひとりの読者をとことん気遣う

です。

ちなみに私が思う読者目線は「ひとりの読者のために、とことん気を使って記事を書くこと」です。

ではいきます。

どうあがいても読者にはなれない

ものすごく当たり前のことを言います。
あなたは「自分で書いた記事」の読者にはなれません。

ここが読者目線を理解するためのスタート地点です。

そしてもうひとつ、当たり前のことを言います。

それは、読者目線とはあなたが書いた記事を読む人の目線だということ。

「当たり前だろ!」

と思いますよね。

ここで大切なのは、記事を読むのはあなたではない、ということ。

今私が書いているこの記事を読む人も、正直誰だかわかりません。

学生かもしれないし、社会人かもしれない。
既婚者かもしれないし、独身かもしれない。

年齢も性別も住んでいる場所も。
好きな食べ物も趣味も仕事も休日さえも、全く違う人かもしれないのです。

「それも当たり前だろ」

そう思うかもしれませんが、意外とこの事実を理解していない人がおおい。
ネットで公開する以上、不特定多数の誰だかわからない人に読まれるわけです。

そんな大勢の気持ちを理解できると思いますか?

言い換えれば、自分を読者に置き換えても意味がない、ということ。
あなたは、自分の記事の読者にはなれないのです。

読者目線って
自分を読者に置き換えて
考えることじゃないの?

違うよ。
どう頑張っても書いた人は、
自分が書いた記事の読者には
なれないからね。

記事は個人的見解の塊

もうひとつ当たり前のことを言います。
あなたが書いた記事は個人的見解の塊です。

これは、たとえキーワード選定をしたり、検索意図を調べたりして書いても同じです。
というもの、キーワードに対する答えを書いているのは、あなた自身だからです。

あなたが書いている以上、その記事は個人的な見解で書かれています。

なんかややこしいですね。

例えば「仕事 つらい」というキーワードに対して記事を書くとします。

私が書くとすれば、「つらい仕事はやめてもいいんだよ」という内容を書きますね。
でも人によっては、「つらい仕事を耐えて頑張るから成長できる」と書くでしょう。

どちらも間違ってはいません。
でも、どちらも個人的な見解ですよね。

読者目線とか一切ありません。

私が「仕事がつらいなら辞めればいい」と思うから、「つらい仕事はやめていい」という内容で記事を書きます。

ほかの人は「つらい仕事を耐えて成長するべきだ」と考えるから、そういった内容の記事を書くだけです。

つまり、ブログの記事は個人的見解の塊なんです。

自分の意見ばかり書いたら
読者目線なんて
どこにもないじゃん

まぁ、そうだけど。
読者目線っていうのは
別の意味なんだよ

余談:PREP法を使うわけ

さて余談です。
ブログ記事は個人的見解の塊です。

でも、妙に説得力があるのはPREP法を使っているから。

つまり、個人的見解(結論)に理由をつけ、それを裏付ける証拠を示し、そして私の言っていることは正しい、という書き方をしているわけです。

ま、余談です。

ひとりの読者をとことん気遣う

さて、やっと本題に入れます。

ブログの書き方で言われる読者目線とは、ひとりの読者をとことん気遣うことです。

そのために次の2つが必要になります。

  • ターゲット設定
  • 書き方でとことん気遣う

ひとつずつ説明しますね。

ターゲット設定

まずは、記事の読者をひとりに決めます。
この一人は、想像上の人物でもいいですし、身近な人でも構いません。

というのも先ほどあなたの記事を読む人はたくさんいる、という話をしました。
誰だかわからない不特定多数の人を想像していたら、記事なんて書けませんよね。

ましてや「読者目線」なんて、わかるはずがないのです。

なので、読者をひとりに絞りこみます。

これが、よく言われるターゲット設定です。

書き方でとことん気遣う

ターゲットを設定したら、あとは記事の書き方でとことん気遣うだけです。

つまり、ターゲットを想像して……

  • この文字の大きさで読みやすいか
  • 行間はこれが適切なのか
  • この説明で理解してもらえるか
  • この書き方で読みやすいか
  • 不適切な表現はないか
  • 知りたいことは書かれているか

……ということを考えるわけです。

そしてとことん気遣うために、記事の内容を過剰なくらい丁寧に説明します。
とことん気遣うからこそ、個人的見解の塊でも、理解や共感が得られるんです。

ちなみに…

「このくらい書けば理解できるだろ」

と思っても、意外と理解してもらえないもの。
だから「この書き方でわかるか?伝わっているかな?」と、徹底的に考えるわけです。

そしてひとりの読者のために、とことんわかりやすく記事を書く。

つまり、書き方でとことん気遣うわけです。

つまり読者目線とは

いっぱい教えてもらったけど
つまり、どういうこと?

読者目線とは、

  • 書き手は読者にはなれない
  • 記事は個人的見解の塊

…この2つを理解した上で、ひとりの読者のために、とことんわかりやすく記事を書くこと、です。

読者目線を身に着けるには

以上を踏まえたうえで読者目線を身に着けるには、リアルな読者の話を聞くのが手っ取り早い。

書いている人が頭で考えてもまず理解できません。
読者のことは読者に聞くのが一番です。

読んでもらうのは家族でも友人でも、だれでも構いません。

  • 理解できるか
  • 読みやすいか
  • 他に知りたいことはないか

この3つを聞いてみてください。
きっと、驚くような発見がありますから!

ブログ運営者
ぶのし

ブログ内では「ぶのきつね」
相方は「りすよめ」

2015年からブログ運営を開始。
半年で収益化に成功し、1年で生活できるほどの収益を作る。

ブログ最高月収75万円。収益累計2000万円オーバー。

という実績から調子に乗って独立するが、ブログの更新をさぼって失敗。
いまはサラリーマンブロガーとして、ブログを書いたりビジネスについて学んだり、コミュニティを作ったり。

検索結果で記事を上位表示させるSEOライティングが得意。

ぶのしをフォローする
ブログで稼ぐ初級編
ぶのキツネ流ブログ術
タイトルとURLをコピーしました